<   2002年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧




放送禁止用語?

 打倒・上岡に燃える男たち。美杉はカミソリドリブルからつなげる「ウルトラロケットシュート」をあみ出し、アゴ男・山形は新しいフォークシュートを完成させた。
 そして真吾も新しいシュートを練習する。「空中回転ひねりシュート」。二人が同時にボールに向かって飛び、ボールと交差しながらどちらかがシュート。ゴールキーパーはどちらがシュートしたか分からない、というものらしい。バレーボールで似たような話を聞いたことがあるような、、、。
 練習相手はチームメイトの青田。だが練習中に真吾の足が青田にヒット、悶絶しているところで今日の話は終わる。その前にも一度、危ない場面になっており、青田は「俺をかたわにする気か」などと怒っていた、、、。ってこれも放送禁止用語なのでは?

 「ウィザードリィ リルガミンサーガ(PS)」を買った。前は借りていたが、廉価版が出たので正式に買うことにした。
 早速昔のデータを読み込もうとしたら、「データがない」という文字が。しかし調べると、メモリーカードの中にはちゃんとデータがある。仕方がないのでまた最初から始めることに。
 パッケージの裏には「すでに発売されたものと同一の内容」と書かれているのに。
[PR]



by g.speed | 2002-07-30 14:42 | アニメ

このアニメでシュート以外が注目されるとは…

 今日も、「イレブン」は面白かった。
 超人ゴールキーパー・上岡を擁する静岡代表藤江西と、新生高校が激突。前半は0対0で終わったが、後半藤江西の怒涛の攻めで一挙8点を得る。上岡の鉄壁の守りにより、結果8対0で新生高校敗北。まさにドイツ対サウジアラビアみたいだった。
 何しろ、練習では目隠しでゴール前に立ち、数人にボールを蹴らせてそれを受け止める。大きく外れたボールには反応もしない。逆に「ちゃんと蹴れ」とか言い出す始末。お前はシュウか、と問いただしたい。心で気配を見ているとでも言いたいのだろうか。
 実戦でもことごとくボールをキャッチ。ドラゴンボールの残像拳のように、移動速度が速すぎて姿が見えない。GKの前で図ったかのように落ちる真吾のサブマリンシュートも、引っかかって体勢を崩しながらキックでシュートを撥ね返した。ある意味カーン様以上だろう。
[PR]



by g.speed | 2002-07-26 14:39 | アニメ

よい言葉なのだが…。

「物を見るのは精神であり物を聞くのも精神である。眼それ自体は盲目であり耳それ自体は聾である。」デットマール・クラマー
「敵の気配を知るのは目でも耳でもない、私は心で気配を見切る」北斗の拳より シュウ 

 今(午後9時)、YAHOOオークションを見ている。
 コミック・コミュニケーションで買った、西又葵さんの本「Opening Run」。売価500円のこの本に、7250円の値が付いていた。実に14倍以上である。
 圧倒的に需要>>供給の状況にあるので、値段が跳ね上がるのは経済学からも明らかではあるが、それにしても面白い。

 デットマール・クラマーと言う人がいる。1960年代に日本のサッカーチームを指導、メキシコオリンピックの、日本3位入賞のきっかけを作った「日本サッカー界の父」であるそうだ。彼が職を辞してから、日本サッカー界はやたら不遇の時代を迎えてしまうが。
 何故突然彼の話をしたかというと、今日の「イレブン」に彼の名前が出てきたからである。松木は元全日本のキーパーという設定。直接クラマー氏に薫陶を受けたということを昔話として語っていた。
 冒頭の言葉もその中で出てきたもの。放送では「盲目」と「聾」の部分が無音になっていたので、ネットで調べた。最初聞いたときは、いつものようにネタにしようと思っていたのだが、その心を聞いて感動。
 曰く、「どんなに美しい花が咲いていても、花を見ようという心、美しいものに感動する気持ちがなかったら、見えないのと同じである。どんなに美しい小鳥のさえずりや音楽がなっていても、聴く心がない人の耳には届かない。サッカー選手も自分にとって必要だと思う気持ちがなければ、どんなに良いトレーニングや話をしても効果がない。」ということだそうだ。かっこいい。わざわざ無音にしてしまうのが勿体無い。私もそういった気持ちを持ち続けるよう気をつけなければ。

 台詞を聞いて、一番最初に思いついたのがシュウである。ある意味ぴったりなように思えるが、どうだろう。
[PR]



by g.speed | 2002-07-04 14:35 | アニメ

Name:ポレール Yahooで「競馬・障害レース検定(初級・中級)」を作るほどの障害(ジャンプレース)競馬好き。 三国志検定二級合格。
by g.speed
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2016年 12月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 04月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2001年 01月

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧